アメリカンショートヘアの性格や特徴を徹底解説!飼い方やお迎え費用も紹介

【徹底解明】猫の鳴き方に込められた意味や鳴き声の種類ごとの気持ち

アーモンド型の瞳や丸顔がとても魅力的なアメリカンショートヘアは、今も昔も変わらず高い人気を誇る猫種です。
そんなアメショを飼ってみたいけど、どんな性格や特徴を持っているのか気になるところ。そこでこの記事ではアメリカンショートヘアの性格や特徴と合わせて飼う上で知っておくべきことをご紹介していきます。
事前に特徴や性格を理解することで、猫ちゃんとの良い関係性を築いていきましょう!

スポンサーリンク

アメリカンショートヘアとは

アメリカンショートヘアアメリカンショートヘアは、その名の通りアメリカ原産の猫種です。しかしそのルーツは英国のピューリタン(清教徒)が17世紀にアメリカへ渡った際に連れられていたブリティッシュ(ヨーロピアン)ショートヘアと言われています。この猫たちは長い船旅の間、船内のネズミ退治を担っていました。その名残か、英語圏ではアメリカンショートヘアは「マウサー(ネズミ捕り)」と呼ばれることもあるようです。

スポンサーリンク

アメリカンショートヘアの身体的特徴

アメリカンショートヘア

大きさ

がっしりとした骨格と筋肉質な身体で力強い印象のアメリカンショートヘア。体重も3.5kg6.5kgとやや大きめですが、メス猫を選べば成猫で5kg台におさまることが多いでしょう。オスの場合は7kg程度になることもあるので、病院に連れて行くときは少し大変かもしれません。
顔つきについては、目力の強いアーモンド型の瞳と広めのほっぺがなんとも愛らしいのが特徴です。

被毛・毛色

その名の通り短毛種で、日本でよく見られるのは灰色と黒のマーブル模様の「シルバークラシックタビー」タイプです。アメリカンショートヘアといえばこの「タビー」模様を想像される方が多いかもしれませんが、実は単色タイプやバイカラーの個体も存在します。毛色もクリーム・レッド・ブラック・ホワイト・ブルーなどバリエーションに富んでいます。

スポンサーリンク

アメリカンショートヘアの性格−飼いやすい?オスとメスで違う?

アメリカンショートヘア

温厚で人懐っこい子が多いですが、その力強い体格の通り活発でもあるため、広めのお部屋で飼ってあげることをおすすめします。独立心が強めでベタベタされることは好みませんが、気づけばそばに居るというツンデレタイプ。自立しているためお留守番も得意です。
また賢く順応性も高いので、しつけがしやすく多頭飼いや他のペットとの生活もうまくこなしてくれるでしょう。ただし小動物のペットがいる場合は狩猟本能を刺激してしまう可能性もあるので要注意です。

オスとメスの違いとしてはオスの方が好奇心旺盛で、メスはやや警戒心が強い傾向にあるようです。

スポンサーリンク

アメリカンショートヘアの飼い方やお手入れの仕方

アメリカンショートヘア

基本的には丈夫で健康な猫種なのですが、少し太りやすい傾向があるのできちんと食事の管理をしてあげることが大切です活発で運動量も多いので、キャットタワーを用意して昇降運動をさせてあげたり、おもちゃで一緒に遊んであげることを習慣づけて下さい。肥満予防にもなります。

短毛種のためブラッシングの頻度は少なめでも構いませんが、春先と初冬の換毛期には毛が生え変わるので落ち着くまではこまめにブラッシングをしてあげましょう。

スポンサーリンク

アメリカンショートヘアの平均寿命

一般社団法人ペットフード協会の調査結果(2020年の統計)によると、猫全体の平均寿命は15.45歳。完全室内飼いであれば16.13歳との結果が報告されています。
対してアメリカンショートヘアの平均寿命は13歳前後と言われています。
このことから、猫全体で見るとアメリカンショートヘアの平均寿命はやや短めではありますが、純血種の猫としては健康的で決して短命の猫種ではありません

個体差もありますが、毎日の習慣や環境によっても左右されるものなので、しっかりと健康管理をして少しでも長く元気に過ごさせてあげましょう。

スポンサーリンク

アメリカンショートヘアがかかりやすい病気

アメリカンショートヘアがかかりやすい病気

肥大型心筋症

初期症状はほとんどありませんが、重症化すると呼吸が荒くなったり歩行や立つことが困難になるといった症状が見られます。場合によっては血栓による突然死を引き起こすことも。
ただ飼い主さんが症状を把握した時には既に病気が進行してしまっていることがほとんどです。早期発見のためには、年に1度は健診(エコーや血液検査)に連れて行くことをお勧めします

多発性嚢胞腎

腎臓に嚢胞が多発する病気です。こちらも初期症状はほとんどなく、病気が進行し腎不全の状態になってくると、多飲多尿・食欲減退・あまり動かなくなるといった症状が表れます。
こちらも早期発見のためには健診に連れて行くのがベストです。腎臓の病気はアメリカンショートヘアに関わらず猫全般で多く見られますので、腎臓を定期的に検査してもらうことは大切です。

その他肥満が原因で糖尿病や関節疾患を患うこともあります。肥満予防のためには食事管理と適度な運動を習慣化して、体重の管理を行いましょう。
スポンサーリンク

アメリカンショートヘアをお迎えする方法

アメリカンショートヘアをお迎えする方法

・保護猫施設から引き取る
・里親募集に応募する
・ブリーダーから購入する
・ペットショップで購入する

ある程度育っていても構わないのであれば、ぜひ保護猫施設や里親応募を検討されてみてください。ワクチン接種や避妊・去勢手術の完了した子もいるので、猫を飼うのが初めての方には特におすすめです。

スポンサーリンク

アメリカンショートヘアのお迎えに必要な費用・価格

・保護猫施設からや里親として引き取る場合…0~3万円
・ペットショップからお迎えする場合…10~25万円

その他猫用トイレや餌用の器、ワクチン接種などの初期費用として35万円は最低でも必要になってくるでしょう。
猫ちゃんのお迎え時に用意しておくべきものはこちらに記載してあります↓

スポンサーリンク

まとめ:アメリカンショートヘアは飼いやすい性格の子が多い

アメリカンショートヘアの

マンチカンの特徴や性格について最後にもう一度まとめておきます。

特徴
1.がっしりとした体格で体重は3.5kg6.5kg
2.短毛種で様々な毛色の個体が居る
3.純品種の中では丈夫で健康だが肥満に注意!
性格
1.温厚で人懐っこい
2.独立心があり、クールな一面もある→お留守番上手
3.活発で運動量が多い

以上のような特性から、アメリカンショートヘアは健康的で温厚な比較的飼いやすい猫ちゃんと言えます。
しかしもちろん個体差のあることなので、お迎え前にしっかりと観察したり、ペットショップのスタッフさんや施設の方に普段の様子を聞いてみることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました